ENTRY CATEGORY ARCHIVES COMMENT LINK PROFLE OTHER
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
移動
ブログ引っ越します。 開いて同じテンプレートだったらおkです。

さばしっぽ

うちの猫のしっぽがさばの模様っぽいんで ね
- 16:47 comments(0)
電動歯ブラシVSぬこ
 がんばってる ランキング入りおめでとう

モールス信号
- 16:23 comments(32)
ハムスター回転
 かなりわらえた
- 00:03 comments(2)
スーパーシープ 1
たたろんがいつもの曲がり角にいなかった。どうしたのだろうと思って畑の辺りを見回してみると、白と黒の斑点の尾がゆっくり草をかき分けているのが見えた。日名子が俺の家に来るまでにという約束なのだ。とっさに駆け寄って抱き上げようとして、はっとして足をとめ、じっとたたろんを見つめた。こちらに気づいていない様子で、たたろんは夢中で顔を地面におしつけていた。昨日埋めたニボシスナックがお目当らしい。たたろんのいるところだけ、雑草が追いやられていた。いつからやり始めたのか、前足はすっかり土色に染まり、ピンクだった肉球がほんのり赤く腫れだしていた。俺は弾けたように身をひるがえし、ぶち猫の首根っこをひっつかんだ。
「帰るよたたろん。今日の発掘はそこまで」
たたろんは始末の悪い子供みたいに小さくうなって、腕の中でおとなしくなった。俺はたたろんの前足を乱暴に自分のTシャツにこすりつけながら、今日のユウメシのことを考えていた。

「ちょっと、納豆がないわよ」冷蔵庫を開けた日名子が文句を言った。仕事帰りで今日はスーツを着ている。
「納豆嫌いなんだよ。くせーし。ねばねばするしさ」
俺は箸でコロッケをつかんでため息をついた。俺が動こうとしないのを見て、日名子はしかたないというように俺の向かい側に腰を下ろして手を合わせた。
 日名子は俺の上司だ。入社してまだウブだった俺の面倒を良く見てくれた。しゃきっとしていて仕事も早く、はきはきと物を言う性格なので、社内では姉御というかんじで皆一目置いていた。人を叱る時は鬼をも黙らせるが、相手を包み込むようなやさしさももっていた。だから彼女の周りにはいつも人がいた。
 日名子は結婚している。取引先で知り合った人で、趣味が似ていたのだそうだ。前二人で出歩いているところをみかけた。感じのよさそうな人だけど、日名子よりずっと気が弱そうに見えた。彼の趣味ていったいなんなんだろうか、と思った。
 誰だって一度は日名子に好意を抱いた。もちろん俺もその一人だ。でも彼女は誰にだって優しい。思いやりがあって、強さがある。化粧とか、服とか、そういう外装は一切関係のない、惹かれる要素を日名子は持ち備えていた。
 というわけで、日名子は家庭をもっている。帰るべき場所がある。それなのに、どうしてわざわざ遠回りをしてまで俺のアパートにくるのだろうか。俺が会社を辞めてからも、変わらずにやってきた。でも毎日ではない。気が向いたから、とでもいう感じで、でも定期的にやってくる。いつもなにかおかずか何かをもって仕事帰りに俺のアパートに足を運ぶ。
 最初はなんだかうれしかった。自分の想う人があいに来てくれるから。人とうまく付き合えない俺にとって日名子と過ごす時間が最高だった。日名子と食べるメシが何倍にもうまかった。だけど、日名子が結婚指輪をはめているのに気づいたのはそんなにも後じゃない。日名子は隠しもせずに説明してくれた。結婚していると。
 それから日名子が来るたびに俺は複雑な気持ちがした。胸がちくちくした。俺は何よりも彼のことがきになって仕方がなかった。もし日名子が黙ってここへきていたら、どうしようかと。何か理由があるはずなのだ。
 
「だってあんたの顔が見れなくなるじゃない」コロッケを箸で半分に割った日名子がさらりと言った。ますますわからないことを言う人だ。
「でもおかしいだろ。その...石橋さんに失礼だろう」はっきり言うつもりだったのに、戸惑いが丸見えだった。日名子がくすりと笑う。
「いいじゃん。おかずも買ってきてあげてるでしょ」慣れた手つきで皿を片付け始めた。いつものことだから見過ごそうとして、驚いた。
「おい、なんで残り物をもってこうとするんだよ」
「だってもったいないじゃん。うちで食べるから」手を止めずに日名子はひょいひょいコロッケをタッパーにほうりこむ。
「それを石橋さんに食べさせる気か」いそいで俺の半分コロッケを口へ入れた。
ふたを閉めると、日名子は腕時計を覗き込んでから、かばんをつかんだ。
玄関で靴にじゃれついていたたたろんが小さく鳴いた。たたろんは日名子の猫で、仕事の合間などのときに俺にあずけられる。たたろんは日名子の腕の中で心地よさそうにのどを鳴らした。
「たたろんの面倒ありがとう。またね」
俺の後ろでドアが閉まる音がした。

短編 22:18 comments(4)
今日の猫村さん
 kanaさんがおしえてくれた本です。地味にかわいいですのでリンクにのせておきます
毎日一こまで更新しているようです。

あとテンプレート変更
- 13:28 comments(0)
おやすみのご報告
 すません 音風はしばらくおやすみさせていただきます。。。
長いのは大変なので、ちょっと考案してきます。といってもくだらんものになるんだけれども

ちょっと短めの短編でちょくちょく来ます。一話分何回とるかわかんないけど
ご理解ねがいます。
音風〜オトカゼ〜 23:55 comments(0)
あけました
あけましておめでとうございます  丑年はじまた
ことしもよろしくお願いします。
いつもコメントありがとうございます
なかなか更新しないけどつづけます。音風はもうすぐ一章おわろうかな
ことしもよろしく!
- 11:32 comments(0)
うれしいおっさんと柴犬
 おっさん喜びすぎ 

ニコニコ動画

アリガトウゴザイマシテ!
- 13:13 comments(0)
はりねずみ
- 14:02 comments(2)
はりねずみ
わろた
- 14:00 comments(0)